2019年06月14日

米海軍特殊部隊「Navy SEALs」の人気の秘密、装備の作り方

この記事のURLをコピーする

「Navy SEALs」とはどんな部隊か?

出典:https://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA/342552/


「Navy SEALs」(以下、シールズと表します)はアメリカ海軍に所属する特殊部隊で、2つの特殊作戦郡グループに別れており、それぞれが輸送チームを含めた5つのチームから成り立っています。


シールズはもともと、ベトナム戦争時に海軍における対ゲリラ戦や、水中破壊工作などの特殊作戦を行えるエキスパート部隊の必要性を感じて創設された部隊です。


シールズのチームは、担当地域ごとに別れており、チーム6とチーム9を除く8つのチームと2つの輸送チームで、世界中の地域をカバーしています。除かれたチーム9とチーム6は、チーム9は欠番扱いとなっており、チーム6は対テロ専門の特殊部隊として、他のチームより独立しています。


ウサーマ・ビン・ラディンを排除した「ネプチューンスピア作戦」を実行したのは、このチーム6、通称「DEVGRU」と呼ばれているユニットです。


そもそも特殊部隊とはどんな部隊なのか?

出典:https://www.jiji.com/jc/d4?p=nvs503&d=d4_mili


シールズは海軍の特殊部隊だと述べました。サバゲーマーでもこの特殊部隊に憧れて自分のサバゲースタイルに特殊部隊装備を取り入れる人がたくさんいます。


では、そもそも特殊部隊とはどんな部隊なのでしょうか?特殊部隊とは正規の部隊では達成が難しい任務を、成功させるために編成された精鋭部隊のことです。

具体的には、少人数で敵地への潜入任務、偵察、破壊工作、情報収集が挙げられます。


特殊部隊の隊員は、任務の性質上、目立ちやすい重装備を持ち込めず、潜入に気づかれにくくするため、極少数での作戦展開になります。そのため、一人で何役もこなすスキルを求められたり、機械ですべきところを、人力でまかなわなければケースを多々あります。

そのために、各状況に対しての当事者能力の高い、優秀な兵士が選抜されるのです。シールズは数あるアメリカ軍所属の特殊部隊の中でも最強と言われているのです。


シールズから「チーム6DEVGUR」が独立した理由とは?


アメリカの社会を根底から揺るがした9.11同時多発テロの首謀者として、アメリカが長年に渡って追い続けたウサーマ・ビン・ラーディン容疑者を排除するために立案された「ネプチューンスピア作戦」。

この作戦の任務達成を果たしたのはシールズだと言われています。しかし、実際に任務を遂行して成功させたのは、対テロ専門特殊部隊として、シールズより独立した「チーム6 DEVGRU]と呼ばれるユニットなのです。


このチーム6 DEVGRUが、テロ専門の特殊部隊として独立したのは、戦争の形態が正規戦から非正規戦闘へと変わり、非正規戦闘もゲリラ戦からテロ活動に移ってきたからです。


対テロ特殊部隊「チーム6D EVGRU」がサバゲーマーに人気の理由」

出典:https://www.jiji.com/jc/d4?p=nvs503&d=d4_mili


現在の戦争は、警察活動とゲリラ戦が入り乱れた非正規戦闘か、戦端が開く前に用意周到に準備を済ませて、開始と同時に一撃で相手を粉砕する活動に2分されています。

戦時国際法の定める戦争とは「宣戦布告で始まり、講和をもって終了する」と定められていますが、現実にはテロとゲリラ戦が大国に抵抗する有効な手段として世界中で繰り広げられています。この残念な世界の状況に対応するチーム6 DEVGRUは、サバゲーマーの間にも憧れの対象になっています


日本人がシールズ隊員になれるか?

出典:https://www.flickr.com/photos/usnavy/5613038115/


サバゲーマーの中には、シールズに憧れるあまりに、「自分もシールズ隊員を目指してみたい!」と思われる方もいらっしゃるようです。

では、日本人がシールズの隊員として採用される可能性はあるのか?についてのご案内をします。


結論から先に申しておきます。一般の日本人がシールズの隊員に採用される可能性は絶望的なほど低く、ほぼ0%でしょう。過去にシールズに所属した日本人が数名いますが、いずれも隊員というよりも、戦闘技術のインストラクター的なポジションで所属していたようです。

このため、よほどの特技がない限りは、日本人がシールズ隊員として採用される可能性はありません。


日本人シールズ隊員へのハードル1. 国籍問題と語学力

出典:https://www.businessinsider.jp/post-172156


シールズの入隊資格には「17歳以上、28歳以下のアメリカ合衆国の市民権を得た者」となっています。

さらに、最低でもアメリカの高校卒業資格を持っていないとはねられます。まずこの時点で、純日本人なら除外されます。


仮にこの問題をクリアーしたとしても、語学力というハードルが待ち構えています。シールズに応募する際には、「ASBVAテスト」と呼ばれる試験に合格しなければならないのですが、この試験問題を理解するためには、ネイティブ以上の英語力が必要になります。なのでアメリカ人の使う一般庶民英語を理解できないと、試験問題で問われている内容でさえも理解できないでしょう。


日本人シールズ隊員へのハードル2. アメリカ人でさえ落とされるハードな体力テスト

日本人がシールズ隊員になるのを阻むハードルの2つ目は、資格試験をクリアーした後に待っている視力試験、身体測定、体力検査です。特に、体力検査では体格が良く、日本人よりも体力が優れているアメリカの青年たちでさえも、ドンドンとふるい落とされています。

よほど並外れた身体能力の持ち主でないと、シールズの入隊資格は手に入らないようです。


また、幸運も手伝って、この入隊資格を手にしたとしても、その後に行われる厳しい訓練について行けなければ、訓練の途中でも容赦なくふるい落とされます。肉体的にも、精神的にも極限まで追いつめられる訓練を2年6カ月間耐えて、初めてシールズ隊員として認められるのです。


サバゲーマーがシールズに惹かれる理由とは?

出典:https://www.jiji.com/jc/d4?p=nvs503&d=d4_mili


イギリスで創設されたSAS(スペシャル・エア・サービス)を皮切りに、世界中の軍隊には多くの特殊部隊が創設されています。

その中でもサバゲーマーに人気が高いのが、装備品が揃えやすいアメリカ軍の特殊部隊です。


特に陸軍の「デルタフォース」と海軍の「ネイビーシールズ」の人気は、ダントツと言ってもいいほどの高さです。では、なぜこれほど「デルタ」や「シールズ」の人気が高いのでしょうか。それはやはり、ゲームや映画などのメディアの影響が大きいと思われます。

今までも特殊部隊を描いた映画は数多くあり、皆さんもそれぞれがお気に入りの作品をお持ちだと思います。そこで、ここでは、筆者が独断と偏見を前面に押し出した、シールズの戦い方がリアルだと感じる作品をご紹介します。


シールズを描いた作品1. 「アメリカン・スナイパー」


名匠クリント・イーストウッドが監督し、2014年に公開された作品です。

ネイビーシールズ所属の狙撃手であるクリス・カイルの自伝を映画化しています。この作品で気に入っているところは、狙撃シーンをさることながら、随所にみられるドアエントリーやルームクリアの様子です。特に、コンビネーションを組んで、突入する時に、お互いの死角をカバーしながら前進していく様子は、戦場のリアルさを感じさせられました。


シールズを描いた作品2. 「ゼロ・ダーク・サーティー」


2012年に公開されたウサーマ・ビン・ラディンの殺害までを描いた作品。

この作品でサバゲーマーに「チーム6 DEVGRU」の存在が広く知れ渡るようになりました。作品自体は、シールズを描くよりも、1人の女性CIAアナリストがビン・ラディンの居場所を突き止めるまでの過程を描いたものです。

サバゲーマーの目線でのこの作品の見どころは、ビン・ラディンが潜伏する屋敷にチーム6の隊員たちが突入して、次々と抵抗者を排除する際の戦い方です。いずれも、セミオートのみで、確実に抵抗者を排除していく様子は、非常にリアリティーを感じさせるものでした。


シールズを描いた作品3. 「ローン・サバイバー」


2013年に公開された作品。ネイビーシールズ最大の悲劇と言われ「レッド・ウィング作戦」の、ただ一人の生存者の手記をベースに映画化したものです。サバゲーマーとしてのこの映画の見どころと言えば、タリバン兵士200人を相手に、4人で戦うも、次第に追いつめられる悲劇もさることながら、映画の舞台となった2005年当時のシールズ隊員の装備品の付け方、プレキャリやチェストリグの種類、部隊章などのパッチの配置の仕方などが、とても参考になることです。この映画が公開された当時、森林フィールドでは、ウッドランド迷彩を身に纏うサバゲーマーが、多く見受けられました。ソフトアーマー+チェストリグ+ブーニーハットを身に纏う人がフィールド中に溢れたのを今でも記憶しています。


シールズを描いた作品4. 「ネイビーシールズ」


2012年に公開された作品。本作の最大の見どころは、現役のシールズ隊員たちの出演による、戦闘行動のリアルさに尽きます。

これまで、フィクションのシールズ隊員の戦闘シーンは多くありましたが、この作品の戦闘シーンは、次元が違います。この作品で描かれた戦闘シーンのリアルさは、当時のサバゲーマーに衝撃を与えました。


また、単純明快なストーリーの最後に、伏線として張られた冒頭のシーンが回収されるラストには、涙を禁じ得ません。筆者個人としては、数あるシールズを描いた作品の中でも、最高の作品であると思っています。


この映画には、ランボーやコマンドーのようなスーパーヒーローは出てきません。どの隊員も撃たれれば負傷し、戦死者も出ます。しかし、部隊の一員として、与えられた役割をそれぞれが全うすることによって、確実に敵を排除していく姿には、フィクションとは言え、かなりのリアリティーを覚えます。まだ見ていない方は、是非、ご覧になることをおすすめします。


初心者サバゲーマーのためのシールズ装備ガイド

出典:https://www.cinemacafe.net/article/2014/05/29/23711.html


ここまで、シールズの概要をご説明して参りましたが、ここからは、シールズ大好きなサバゲー初心者向けに、シールズらしく見える装備品についてのご案内をいたします。

まず、「シールズ装備」ではなく、「シールズらしく見える装備」についてのご説明をします。シールズやデルタ、SASといった装備を目指すのに、皆さんが一番参考にされるのは、「ミリフォト」や映画といったメディアからの情報だと思います。しかし、本当の特殊部隊装備についての詳細な情報は、映画やミリフォトでは、手に入りません。その理由を次でご説明します。


シールズの装備に関する情報は公開されていない

出典:http://beginner-military.hatenablog.jp/entry/2016/12/06/202600


シールズの装備は、任務に応じて派遣される地域の特性や、任務の状況に応じて、常に最適であると考えられる装備が選ばれます。


また、作戦ごとに違う装備であるために、ミリフォトなどの画像が、本当にシールズの装備であるのかは判断がつかないのです。


さらに、最高の軍事機密扱いとなっているため、シールズの装備の詳細が解るような画像は公開されていません。我々がシールズの装備であろうと思いこんでいる装備は、不確かな画像や、映画というフィルターを通して得た情報が大半なのです。


実はシールズには決められた装備が殆どない

シールズは欠員であるチーム9以外に10のチームがあり、それぞれの担当地域の割当は、世界中に分散しています。そのため、同じシールズでも中東地域ならTAN装備、熱帯雨林の地域なら森林系装備というように、違ってくるのです。


前述したように、シールズなどの特殊部隊では、共通した決まった装備が決められておらず、その作戦で最高の結果が出せるであろう装備品を選んで任務に赴きます。その中には、隊員たちが、自費で購入して身につけるものもあるのです。そういった姿の一瞬だけを切り取ったミリフォトなどでは、リアルなシールズ隊員の装備を知りようがありません。


サバゲー初心者におすすめなのは「シールズ風装備」

出典:https://www.jiji.com/jc/d4?p=nvs503&d=d4_mili


ここまで、シールズでは任務ごとにいちばんパフォーマンスを発揮できる装備品を選んで、作戦に赴くとご説明しました。

その結果が、ベトナム戦争で、相手に地の利があり、見通しの悪い密林での戦闘でも、シールズ隊員一人あたりのベトコン兵士殺害数が250人という驚異的な戦果に結びついているのです。


そこで、シールズ装備の再現を目指しているサバゲーマーにおすすめすたいのが、「シールズ風装備」という考え方です。シールズ風装備とは、あまりガチガチに装備品の再現を目指すのではなく、それっぽい雰囲気を楽しむ装備の揃え方です。この考え方を取り入れると、装備品を揃える際の迷いや悩みから、かなり解消されます。


サバゲーの装備選びの基本は自分が楽しめること

出典:https://www.instagram.com/p/BWh2zVQjL9b/


サバゲーの装備選びの基本は、まずは自分が心から楽しめるものを選ぶことです。シールズ装備にしても、自分で「これがシールズらしい!」と思って選ぶ装備品が、あなたにとっての正しいシールズ装備なのです。

あまりに正確な装備の再現に拘って装備品選びに凝りすぎると、楽しむのが二の次になり、本末転倒です。


たとえ正確なシールズ装備の再現ではなくても、大抵の人は、そこまで詳しくないので、「あ、シールズみたいだ~♪」と思ってくれるでしょうし、詳しい人なら「頑張って装備を揃えている途中なのだな」と察してくれます。もとが装備を自由に選べるシールズなので、あまり正確性にこだわらずに、気軽に楽しみながら装備品を揃えていきましょう。


サバゲーマーのためのシールズ風装備選び

ここからは、サバゲー初心者でも解りやすくて揃えるのも比較的に簡単に入手しやすいシールズ風装備のアイテムをご案内いたします。これからご案内する装備品は、あくまでも一例であって、ご自分が気に入るように自由にアレンジを加えることをおすすめします。


BDU&ブーツ

出典:https://www.airgunmarket.jp/SHOP/23-01d0002_2.html


シールズ風装備で基礎となるものが、BDUとブーツです。どんなに考証に則った小物やアイテムを装備しても、下地になるBDUやブーツにリアリティーを感じないと、他のなんちゃって特殊部隊風装備になってしまうので注意が必要です。


BDU

出典:http://www.mash-japan.co.jp/cgi-bin/lpic.cgi?itemno=91-50-0920&imgno=2


シールズ風BDUを選ぶ時に目安となるのが、2009年以降か、以前かという選択方法です。

2009年以前のイラク、アフガン(アメリカン・スナイパーやローン・サバイバーの時代)でのBDUは主に3Cデザートが鉄板です。


ただ、シールズ隊員はBDUにも手を加えているので、ちょっとしたカスタムを施して、それっぽい雰囲気を出してもいいでしょう。ローン・サバイバーでは、部隊章などをパッチではなく、BDUに直接縫い付けていましたね。

 

出典:https://hobbyboxblog.militaryblog.jp/e677333.html


2009年以降のシールズでのBDUはAOR1、AOR2が主流となり、他のBDUは次第にフェードアウトしていきます。AOR1は砂漠地帯に、AOR2は森林地帯で着られているBDUです。

 

出典:https://www.amazon.co.jp/


AORにマルチカムのベスト類を合わせると、シールズ風装備というイメージを出しやすくなります。


ブーツ

シールズ風装備で一番悩みやすいのがブーツに関してです。基本的に海兵隊や一般の兵士たちは、軍から支給されたブーツを履いているのですが、シールズでは、隊員たちが個人の好みでブーツやシューズを選んでいるようです。


そのためビン・ラディン掃討作戦では、DEVGRUがバスクのトレッキングシューズを履いていたとか、イラク戦ではメレルのカメレオンを着用していたとか、いろいろな情報が飛び交っています。また疑似シールズ訓練では、ベイツのブーツが推奨されているとの情報も耳にします。これらの中から、サバゲーマーにおすすめなのが、メレルのトレッキングシューズでしょう。

 

出典:https://www.merrell.jp/product/men-chameleon-7-mid-gore-tex/


おすすめの理由は、入手しやすいこと、お手頃な価格でコストパフォーマンスに優れていること、現用のシールズ隊員が使っていても不思議ではないことの3点です。これらのトレッキングシューズを履いていれば、シールズ風装備でも違和感はありません。


ヘッドセット、ヘルメット、グローブ、アイウェア

出典:https://www.first-jp.com/items/07/07/03/detail.php?itemcode=0707NOB00083


シールズ風装備でヘルメットは被る際にも2010年を堺にして、選ぶ基準があります。

まず、20010年以前ならMICH2000ヘルメットが時代的にも違和感がありません。そして、2010年以降のシールズ風装備を目指すのであれば、FMA製マリタイムヘルメットという選択になります。どちらも本物はかなりの高額なので、レプリカで十分です。

 

出典:https://www.first-jp.com/items/07/11/02/detail.php?itemcode=0711BEE00027


またこれらのヘルメットに合わせるヘッドセットは「Comtac2タイプレプリカ」とPTTスイッチ+ダーミーのラジオセットで、シールズらしい雰囲気が演出できます。夏場のサバゲーで、ヘルメットは嫌だ!、あるいは毛髪の量が気になる方には、ブーニーハットという選択もあります。

 

出典:https://wowma.jp/item/276680065?l=true&e=llA&e2=listing_flpro


グローブは贅沢を言えばワイリーXがベストですが、コスパを考えるとメカニクスの各グローブがおすすめです。アイウェアーは、オークリーやワイリーXのアイテムを選べば、雰囲気が出ますが、フィールドによってはゴーグル以外は不可のところもあるので、ご注意ください。


チェストリグ、プレートキャリア、ワッペン及びパッチ

出典:https://www.warriors.jp/products/detail110.html


シールズが使用するベスト類も2010年を基準とした選別で考えると、揃えやすくなります。まず、2010年以前のアメリカン・スナイパーやローン・サバイバーの時代の装備を再現するなら、サイラスというアーマーベストか、もしくはローデシアン・リーコン・ベストがメインになります。

 

出典:https://www.first-jp.com/items/07/03/01/detail.php?itemcode=0703GST00018


この時代では、この2つのベストの使用例が非常に多いのです。選ぶ際に注意していただきたいのは、着脱のやりやすさと、装備後の動きやすさについてです。

もし、周りにこれらの装備を持っている人がいるなら、迷わず試着させてもらってください。

筆者の経験上、サイラスは重く、着脱も面倒で、夏場にはかなり暑く感じます。これを苦もなく着こなす体力があれば、シールズらしい雰囲気が数十パーセントは増量サービスになります。

サバゲーでの実用性という視点からなら、迷わずローデシアン・リーコン・ベストを選ぶべきです。もし、資金的に余裕があるから、RRVにPACAソフトアーマーを組み合わせれば、リアルさが割増になります。

 

出典:https://www.warriors.jp/products/detail15.html


2010年以降のベスト選びには、LBT6094とJPCという2種類のプレートキャリアが加わります。重厚な雰囲気を醸したいのなら6094、動きやすさを求めるのなら小型軽量のJPCがおすすめです。色はマルチカムが無難でしょうが、TANでもあまり違和感はありません。


ワッペン及びパッチを選ぶ際の考え方

出典:https://navyseals.com/4028/phony-navy-seal-week-devin-davis/


シールズに限らず、軍隊装備ではパッチやワッペンが重要なアクセサリーになります。なぜなら兵士たちは、パッチを付けることで、国籍、所属する軍隊、部隊を示せるからです。

しかし、シールズや特殊部隊装備では、パッチやワッペンを選ぶ時に詳細な時代考証が問われます。どの時代の、どの部隊に所属した隊員を再現するのかを決めた上で、リサーチすることが重要です。そうでないと、シールズ関係のパッチ類を際限なく集める事態になりかねないからです。

 

出典:https://www.cinemacafe.net/movies/25590/


もう1つの注意点は、せっかく買ったのだからと、付けすぎないことです。特殊部隊はその任務の性質上、国籍や部隊を悟らせないように最低限のバッチしか貼りません。

最後に、筆者がおすすめするパッチを1つご紹介します。

 

出典:https://item.fril.jp/119dff6b6c7f3de141a9729ab92ddd5c


それはニューヨーク消防関連のパッチです。シールズ隊員やPJたちがニューヨーク消防関連のパッチを身につけるのは、自分たちの今の戦いのルーツが9.11テロであることを示すと同時に、あの惨劇の最中で、勇敢に職務を全うした消防隊員たちに敬意を示しているからです。


出典:http://www.glittergraphics.org/topk/lone-survivor-wallpaper/


パッチ類はあれもこれもと、ゴテゴテ貼るより、ポイントとなるものを幾つかさり気なく貼るほうが、見る人が見れば認めてくれます。パッチを貼る際には、何を選ぶかではなく、何を選ばないかが重要になる場合もあるのです。


腕時計&ハンドガンホルスター

出典:http://www.timegear.jp/newitem/news3250.html/


シールズの装備品で実際に採用されている装備の割に、お手頃な価格で手に入るのが、ルミノックスの腕時計「ネイビーシールズモデル」です。

このネイビーシールズモデルは、いかなる状況下でも時刻を確認できる腕時計を求めるシールズの要請で開発されました。そのため、1991年のMIL-47374というミルスペックに準拠して製造されています。

10年持つ電池、100メートルまでの防水能力、トリチウムによる暗闇でも視認できる文字盤と秒針というスペックを有しています。


また、サバゲーだけなく、普通の生活で使用しても違和感のないデザインなので、街使いでも使えます。

 

出典:http://shop.flat-airsoft.com/shopdetail/000000010434/


シールズ風装備でのハンドガンホルスターなら、サファリランドかBHIのSAIホルスターがおすすめです。レプリカも数多くあるのですが、実物を買ってもそこまで高い製品ではないので、本物を買って長く使ったほうが、コストを低く押さえられます。


各種ポーチ類&その他の小物

出典:https://www.mil-freaks.com/special/loadout_american_sniper.php


プレートキャリアやチェストリグに付けるポーチと言えば、マガジンポーチ、メディカルポーチ、ユーティリティーポーチ、ラジヲポーチといった類なのですが、どのポーチをどの場所に何個つけるといったようなアドバイスを書くことは意味がありません。

各人が使いやすい場所に、使いたいポーチを付けておけばよいかと思います。

ただ、ポーチ類を付けてもペッタンコだと見場が悪いので、入れるものがない時には、梱包の緩衝材を入れておけばポーチ全体にボリュームが出て、臨場感が増します。

 

出典:https://www.first-jp.com/items/07/11/01/detail.php?itemcode=0711SAS00005


シールズ風装備では小物が命!と言ってもいいほど重要です。ダミーグレネード、サイリューム、必要ならばメディカルシザーも余ったモールに下げておけば良いでしょう。

その他にも「ADVENTURE LIGHTS VIP IRライト」やNVG、といった具合に凝りだせばきりがありません。どのような装備を身につけたいかをよく検討して、しっかりしたリサーチの上で、お気に入りの小物類を揃えましょう。


シールズで採用された銃について

出典:https://www.tokyo-marui.co.jp/products/electric/standard/25


シールズは個人の裁量が大きく認められており、任務ごとの選ぶ銃器が違ってきます。しかし、一般的にはメインならM4、ハンドガンはSIG P226やP228が使われているようです。またMP7を携行する隊員もいます。あるいは、M4以外のアサルトライフルでは、SIG552を使う隊員もかなりいるようです。

 

出典:https://www.tokyo-marui.co.jp/products/electric/nextgeneration/370


ちなみにビン・ラディン掃討作戦でDEVGRUが使用したのは、M4ではなくHK416です。

次世代電動ガンのHK416Dカスタムに東京マルイが「DEVGRU」の名を付けているのはこのためです。同じく東京マルイのスタンダード電動ガン「SIG 552」にシールズの名を付けているのも、使用者が多いと言われているからでしょう。

DEVGRUではHK416にサプレッサー、PEQ15,シュアファイアーライト、EOTech「XPS」ホロサイトを搭載したモデルでビン・ラディン掃討戦に臨みました。


海軍独特の制式採用銃のネーミングについて

出典:https://www.tokyo-marui.co.jp/products/gas/blowback/262


シールズではSIG P226を「MK25」の名称でサイドアームとして制式採用しています。

この”MK”という文字は、海軍で採用された銃器に付けられる頭文字なのです。


陸軍でいうとUS.M9.PISTOLの”M”の文字が相当します。同じモデルの中に海軍と陸軍とで違う採用名を付けるだけでも紛らわしいのに、それをさらにややこしくしているのが、陸軍の”A”という文字と、海軍の”Mod”という文字です。

 

出典:https://www.tokyo-marui.co.jp/products/gas/blowback/408


両方共に採用した銃の改良モデルを表しているのですが、陸軍では「Adovanced」の頭文字を、海軍では「ModefIcation」の頭文字を与えているのです。

このことを理解していないと同じスペックの電動ガンを、表記の違いだけで違うスペックの銃だと勘違いして、二丁も所持してしまう場合が出てくるのです。

 

出典:https://www.tokyo-marui.co.jp/products/electric/nextgeneration/460


2019年2月に東京マルイが発売した「マーク18モッド1」という次世代電動ガンがその例だと思います。元の次世代電動ガンのM4SOPMODに少しの手直しを施して、全く別のモデルのような売り方しているので、電動ガンに詳しくない人は、違うスペックの銃だと思い買ってしまうでしょう。電動ガンを購入する際には、十分なリサーチをされることをおすすめします。


ネイビーシールズ装備についてのまとめ


ネイビーシールズだけに限らず、特定の部隊の装備を再現しようとすると、詳細な時代考証と、膨大なリサーチが必要になります。

コスプレイヤー的楽しみ方をする方はそれでいいのですが、サバゲーで撃ち合いを楽しみたい方には、「それらしく見えるね~」程度で押さえられることをおすすめします。凝りだせば、無限の世界に足を踏み入れることになりますので。


<ジュンイチ フクイ@ijirare1960>

この記事が気に入ったら
シェアお願いします!
この記事のURLをコピーする